レバレッジの仕組みとメリットデメリット

カテゴリ:必須知識!FXの基本&用語

レバレッジとは少ない資金で大きな取引ができるしくみ

FXの大きな魅力のひとつが「レバレッジ」です。国内のFX会社では25倍までのレバレッジが認められていて、たとえば10000円の資金を証拠金として、その25倍の250000円の取引ができます。レバレッジとは「てこ」の意味です。レバレッジを利用できる投資として、他に株の信用取引があります。

なぜレバレッジを掛けられるのか

なぜ「レバレッジをかける」ことが可能なのでしょうか。FX取引でレバレッジを設定する場合、1万円あれば25万円分の外国の通貨を買うことができるのですが、形式としてはこのとき差額の24万円はFX会社が同時に投資をしています。ただし、投資するために実際に現金を持ってきてマーケットに入れるわけではありません。また、多くの顧客が投資するとき「売り」も「買い」も同時に行われて差引が発生するため、FX会社がその顧客全体に対して担保すればいいことになります。最終的に決裁したときにはレバレッジをかけた投資額全体に対する利益または損失が顧客本人のものとなりますから、FX会社がレバレッジで不利益になることはなく、むしろ顧客に大きな取引をしてもらうことで収益を上げることができます。

レバレッジのメリットは資金が少なくても投資ができること

最初に述べたように、手持ちの資金が少なくても大きなFX投資ができることがレバレッジのメリットです。手持ち資金を分散させて手広く投資したい場合などにも有効です。どちらかというと中上級の個人投資家にとって活用しやすいメリットといえますが、最近は100通貨、1000通貨などの少額からFX取引ができる会社もあるので、初心者でも「5倍」「10倍」などのレバレッジをかけてFX取引をすることが可能です。

「ハイリスク」がレバレッジの最大のデメリット

レバレッジをかけていると10倍、20倍の利益を得る可能性がありますが、同じ比率でリスクも増大します。10万円の投資で20万円の損失を出してしまうこともあります。投資金額よりも大きな損失を出さないために「ロスカット」のルールがありますが、これは万全の策ではありません。急な相場変動があったとき、ロスカット設定した注文レートから大きく離れたレートで約定してしまうことがあります。金融市場を揺るがす事件があったときには多くの人がこの「スリッページ」により大きな損失を出してしまうので、FX初心者はくれぐれも注意が必要です。

▲このページのトップへ

カテゴリ一覧

スポンサーリンク