fxで稼ぐ為の基礎知識.com > 必須知識!FXの基本&用語 > 知っておきたいポジションの種類

知っておきたいポジションの種類

FXの取引を行う際、ポジションという言葉を使います。

これはいくら外貨を買っているのか、もしくは売っているのか、といった状況を表す言葉です。

日本語でいう持ち高を意味します。

このポジションにも、いくつかの種類があります。


買いポジションといえば、FXにおける為替、外貨などの資産を購入してまだ売りの決済をしていない状態。

ロングポジションとも呼び、ほかにポジションを保有しているという表現を使うこともあります。

ロング買いの意味です。


売りポジションは資産を売却して買い戻していない状態。

「ショートポジション」ともいいます。

ショート売りの意味。


ノンポジションは略してノーポジということもあります。

ポジションがノーですから、取引をしていない状態。


以上のようにFXの取引を行う場合は、いずれかのポジション状態にあるということです。

買いポジション売りポジションであればリスクの可能性がある状態にいることに。

ノンポジションでは業者のリスク以外、為替変動によるリスクはないことになります。

この状態をスクエアといい、中立を意味します。


さらに新しく取引を行うことが、ポジションメイクです。

ほかにもポジションを使った用語はたくさんありますが、基本的にこれらの表現をおさえておけば、まず問題はないでしょう。



▲このページのトップへ

カテゴリ一覧

スポンサーリンク