fxで稼ぐ為の基礎知識.com > 必須知識!FXの基本&用語 > FX頻出用語・ファンダメンタルズ

FX頻出用語・ファンダメンタルズ

為替相場の市況解説でもよく使われる言葉に、ファンダメンタルズがあります。

経済の基礎的な条件という意味ですが、これだけでは具体的にどういうこと?となってしまうでしょう。

要するに、その国の経済成長、物価、国際収支などの状況を指すもの。

そこには物価上昇率や失業率なども関連してきます。

こうした要因が外国為替相場に影響を与えているのです。

結局、ファンダメンタルズの部分が良好であれば、その国の通貨は強い、もうかる可能性が高いと解釈できます。


よくFXの取引にファンダメンタルズ分析と出ているでしょう。

それは経済の基礎的な条件を見て、為替相場の動向を予測することです。

そして、ファンダメンタルズのなかの要因で、もっとも注目すべきことは金利の部分。

本来、金利は物価上昇率や失業率といった、さまざまな要素で決まる部分が大きいのです。

もし、お金を銀行に預けるとしたら、少しでも金利のよい銀行を選ぼうとしませんか? 今は日本が超低金利時代なので国内の銀行間の比較はあまり意味がないかもしれませんが、日本より金利の高い国の通貨をFXで買えば、その分の金利差が利益になります。

要はスワップポイント

金利の高い国であればあるほど、利回りも期待できるわけです。


ちなみに金利は日銀とかFRBといったように各国の中央銀行が決めます。

景気がよければ、インフレになり、中央銀行は金利を上げる。

金利を上げると、通貨が上がるのです。



▲このページのトップへ

カテゴリ一覧

スポンサーリンク