fxで稼ぐ為の基礎知識.com > ファンダメンタルズ分析 > 2015年、最も注目すべきファンダメンタル要因「FOMC」とは?

2015年、最も注目すべきファンダメンタル要因「FOMC」とは?

カテゴリ:ファンダメンタルズ分析

世界経済を動かしている機関といえば、「FRB」

FRB( Federal Reserve Board )はアメリカ連邦準備制度理事会のことです。

日本でいえば日本銀行が「中央銀行」ですが、アメリカの中央銀行は「連邦準備制度」、その最高意思決定機関がFRBなのです。
FRB議長は現在、2014年に就任したジャネット・イエレン氏で、彼女の発言もまた相場を動かす重要な要因です。

FOMCはFRBの定例会議のこと

FOMC(連邦公開市場委員会、Federal Open Market Committee )とは、FRBが金融政策の意思決定をするために年に8回開催する会議のことです。
FOMCで決定される政策金利がFF金利(フェデラルファンドレート、Federal funds rate )です。

現在FF金利は2008年から0.00〜0.25%となっており、実質ゼロ金利政策が続くという異例の状態になっています。
2015年の焦点は、何といっても「FF金利がいつ利上げされるのか」ということです。
このため、イエレン議長の発言やFOMCの動向が大変注目されています。

FOMCに関連する重要キーワードはほかにもいくつかあるので、以下にご紹介します。

・ベージュブック
地区連銀経済報告のことで、FOMC開催の2週間前の水曜日に公表されます。
アメリカの12の地区からの経済情勢についての概況報告です。
FOMCではこのレポートをもとに議論をするので、今のような時期には重要な資料となります。

・FOMC声明文
FOMCで出される「声明文」では小さな表現がとても重要です。
たとえば2015年3月のFOMC声明文で「忍耐強く」の一言が消えたことで、米ドルが全面安となりました。

・FOMC議事録
FOMCの3週間後には議事録が公開されます。
こちらは次回のFOMCの動向を占う上で重要な資料となります。

「FXはじめてみようかな」と考えている方や「いま使っている取引ツールが使いづらい」と思っている方へ

DMMのFXツールが使い心地最高です。FX口座数『国内第1位』の数字には理由があります。メリットは4つ。

1.取引アプリはスマホ対応はもちろん、軽快&直感的に使えるシンプルな画面。
 スマホの小さい画面でもぬるぬる動くし、使いやすさは他のアプリより格段に上。以下のページでDMMFXアプリの操作動画を見れます。

2.全20通貨ペアで最狭水準スプレッド。
 複数のカバー先から受けるレートを元に独自生成したレートを提示し、全20通貨ペア業界最狭水準のスプレッドでレート配信を実現

3.口座開設、各種取引手数料が無料。取引手数料のほか、各種手数料が掛かりません。
 ※実際にFX会社が受け取るプラススワップより、顧客に支払うスワップを少なくし、マイナススワップの場合は支払う額よりも多くのマイナススワップを顧客から受け取るビジネスモデルです。

4.キャンペーン中で最大2万円のキャッシュバックあり。
 口座開設3カ月以内に500Lot以上の新規取引でキャッシュバックのキャンペーンを行ってます。

「FXはじめてみようかな」と考えている方、「いま使っている取引ツールが使いづらい」と思っている方におすすめです。
DMM.com証券




▲このページのトップへ

カテゴリ一覧

スポンサーリンク