fxで稼ぐ為の基礎知識.com > テクニカル分析 > FX投資では絶対避けて通れない「テクニカル分析」

FX投資では絶対避けて通れない「テクニカル分析」

カテゴリ:テクニカル分析

テクニカル分析とは、チャートを読み解くこと

FX投資の相場の予測には「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つがあります。

ファンダメンタルズ分析は、「国の景気動向」「雇用統計」など、経済的な背景から為替相場の今後を予測します。
一方のテクニカル分析に必要なのは値動きのグラフである「チャート」です。
チャートを細かく詳しく分析していくのが「テクニカル分析」です。

テクニカル分析は短期勝負のFX投資には欠かせない

株投資をする場合も、「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」があります。

株を中長期で保有する人は、ファンダメンタルズだけを意識してやっている人も少なくありません。
たとえば、「会社四季報」や「日本経済新聞」を見て株を売買するのです。

しかし、FX投資の場合は、「ファンダメンタルズ分析だけ」で勝負するというのはかなり無理があります。

FX投資は株取引よりも短期で、為替相場の細かい変動を読むことで利益を上げていくことが多いですから、テクニカル分析が必要です。

FX初心者も最低限のテクニカル分析をマスターしよう

株取引なら初心者はテクニカル分析は必ずしも必要ではありませんが、FX取引では初心者でも最低限のテクニカル分析を覚えていく必要があります。

ただし、「テクニカル」と「ファンダメンタルズ」両方に長けた人であれば儲けられるというわけでもありません。
それが投資の難しいところです。

ただし、「勝率」を上げるためにはこれらの知識は不可欠といえます。

慣れないうちは難しく感じますが、やっていくうちに「ファンダメンタルズよりも簡単」と思う人が多い「テクニカル分析」、基礎だけでもいいので、早めに身につけておきましょう。

「FXはじめてみようかな」と考えている方や「いま使っている取引ツールが使いづらい」と思っている方へ

DMMのFXツールが使い心地最高です。FX口座数『国内第1位』の数字には理由があります。メリットは4つ。

1.取引アプリはスマホ対応はもちろん、軽快&直感的に使えるシンプルな画面。
 スマホの小さい画面でもぬるぬる動くし、使いやすさは他のアプリより格段に上。以下のページでDMMFXアプリの操作動画を見れます。

2.全20通貨ペアで最狭水準スプレッド。
 複数のカバー先から受けるレートを元に独自生成したレートを提示し、全20通貨ペア業界最狭水準のスプレッドでレート配信を実現

3.口座開設、各種取引手数料が無料。取引手数料のほか、各種手数料が掛かりません。
 ※実際にFX会社が受け取るプラススワップより、顧客に支払うスワップを少なくし、マイナススワップの場合は支払う額よりも多くのマイナススワップを顧客から受け取るビジネスモデルです。

4.キャンペーン中で最大2万円のキャッシュバックあり。
 口座開設3カ月以内に500Lot以上の新規取引でキャッシュバックのキャンペーンを行ってます。

「FXはじめてみようかな」と考えている方、「いま使っている取引ツールが使いづらい」と思っている方におすすめです。
DMM.com証券


このトピックの関連記事
【トラリピ・ループイフダン】おすすめの自動売買ツール比較
いろんな「ランキング1位」のFX会社を比較!
スキャルピングをのコツ。FX会社選びが大切



▲このページのトップへ

カテゴリ一覧

スポンサーリンク