日本が発明して世界が使っている大事なツールとは

カテゴリ:テクニカル分析

そもそも、チャートとは?

「チャート( chart )」という言葉は、英語で「グラフ」や「図表」などの意味です。

FX取引に欠かせない為替相場の動きをグラフにしたものがチャートです。

1枚のチャートには非常に多くの情報が詰まっていて、それが視覚的にわかるように、工夫されています。

まずは日本人が発明した「ローソク足」を理解しよう

重要なテクニカル分析ツールが「ローソク足(あし)」です。

チャートに記載されている黒と白(違う色のこともあります)のローソクのようなものを指します。

ローソク足は、相場の「始値」「終値」「高値」「安値」を一本のローソクとその「ヒゲ」によって表現していて、一目で相場の特徴がわかります。

なんと江戸時代に日本で使われるようになったのが最初で、現在は世界で使われているツールです。

・始値、終値
ローソク部分の上の端と下の端は「始値」と「終値」を表します。

始値よりも終値が高いとローソクの色は白、終値のほうが安いとローソクの色は黒になります。
(違う色のこともあります。)

ローソクの長さが短かったり、ほとんど線のようになっているときは、相場が動かないという意味です。

期間の区切り方によって「5分足」「1時間足」「日足」「週足」などと呼びます。

・高値、安値
上下にヒゲのように伸びている直線の上の端が高値、下の端が安値です。

上下のヒゲが短いときはあまり大きな値動きがないとき、ヒゲが上向きだけのときは安値傾向、ヒゲが下向きだけのときは上昇傾向があると予測します。

ローソク足の並び方でさらにいろいろなことがわかる

ひとつひとつのローソク足だけでなく、ローソク足が並んだグラフからもさらにいろいろな情報が読み取れます。

相場が荒れたか静かだったか、上昇傾向から下降傾向への変化はどう起きたか、などです。

まずは「直近の高値と安値を見て、この先どちらに動くのかを考える」ことから慣れていきましょう。

▲このページのトップへ

カテゴリ一覧

スポンサーリンク