fxで稼ぐ為の基礎知識.com > テクニカル分析 > トレンドをつかむのに役立つ支持線と抵抗線とは?

トレンドをつかむのに役立つ支持線と抵抗線とは?

カテゴリ:テクニカル分析

テクニカル分析では自分で支持線と抵抗線を引いてみる

テクニカル分析では、チャートの形を見て、それをより分析しやすくするために、自分でいろいろと加工してみることがよくあります。

その代表的なものが「支持線」と「抵抗線」です。

支持線(サポートライン)とは

サポートライン、または支持線と呼ばれる線は、相場が何回か底を打って上昇に転じるときを見て、その下値をプロットし、結んだ線のことです。

ほぼ水平な線のこともあれば、上向きや下向きの傾きを持ることもあります。

下降トレンドのとき、「これ以上下がらないという価格の目安」となる線が支持線です。

抵抗線(レジスタンス)とは

一方、上値の店を結んだ線を「抵抗線」といいます。

抵抗線は上昇トレンドのときに、「この値をなかなか越えられない」とい目安で、「レジスタンス」ともいいます。

支持線、抵抗線を突破するとどうなるか

なかなか越えられない上限をついに超えて値が上がっていくというとき、それまでの抵抗線はこんどは支持線となります。

逆に下降トレンドのときに、支持線を突破して下がっていった場合には、支持線が抵抗線として機能するようになります。

チャートに現れる支持線や抵抗線は、市場全体がその価格を目安として動いていることを意味しているので、売買判断の基準としてとても重要です。

「支持線、抵抗線はどこにあるのか」は、多くの専門家の解説にも登場するので、参考にしてみましょう。

「FXはじめてみようかな」と考えている方や「いま使っている取引ツールが使いづらい」と思っている方へ

DMMのFXツールが使い心地最高です。FX口座数『国内第1位』の数字には理由があります。メリットは4つ。

1.取引アプリはスマホ対応はもちろん、軽快&直感的に使えるシンプルな画面。
 スマホの小さい画面でもぬるぬる動くし、使いやすさは他のアプリより格段に上。以下のページでDMMFXアプリの操作動画を見れます。

2.全20通貨ペアで最狭水準スプレッド。
 複数のカバー先から受けるレートを元に独自生成したレートを提示し、全20通貨ペア業界最狭水準のスプレッドでレート配信を実現

3.口座開設、各種取引手数料が無料。取引手数料のほか、各種手数料が掛かりません。
 ※実際にFX会社が受け取るプラススワップより、顧客に支払うスワップを少なくし、マイナススワップの場合は支払う額よりも多くのマイナススワップを顧客から受け取るビジネスモデルです。

4.キャンペーン中で最大2万円のキャッシュバックあり。
 口座開設3カ月以内に500Lot以上の新規取引でキャッシュバックのキャンペーンを行ってます。

「FXはじめてみようかな」と考えている方、「いま使っている取引ツールが使いづらい」と思っている方におすすめです。
DMM.com証券




▲このページのトップへ

カテゴリ一覧

スポンサーリンク