トレンドをつかむのに役立つ支持線と抵抗線とは?

カテゴリ:テクニカル分析

テクニカル分析では自分で支持線と抵抗線を引いてみる

テクニカル分析では、チャートの形を見て、それをより分析しやすくするために、自分でいろいろと加工してみることがよくあります。

その代表的なものが「支持線」と「抵抗線」です。

支持線(サポートライン)とは

サポートライン、または支持線と呼ばれる線は、相場が何回か底を打って上昇に転じるときを見て、その下値をプロットし、結んだ線のことです。

ほぼ水平な線のこともあれば、上向きや下向きの傾きを持ることもあります。

下降トレンドのとき、「これ以上下がらないという価格の目安」となる線が支持線です。

抵抗線(レジスタンス)とは

一方、上値の店を結んだ線を「抵抗線」といいます。

抵抗線は上昇トレンドのときに、「この値をなかなか越えられない」とい目安で、「レジスタンス」ともいいます。

支持線、抵抗線を突破するとどうなるか

なかなか越えられない上限をついに超えて値が上がっていくというとき、それまでの抵抗線はこんどは支持線となります。

逆に下降トレンドのときに、支持線を突破して下がっていった場合には、支持線が抵抗線として機能するようになります。

チャートに現れる支持線や抵抗線は、市場全体がその価格を目安として動いていることを意味しているので、売買判断の基準としてとても重要です。

「支持線、抵抗線はどこにあるのか」は、多くの専門家の解説にも登場するので、参考にしてみましょう。

▲このページのトップへ

カテゴリ一覧

スポンサーリンク