「三角が出る」とはどんな状態?次はどう動いていく?

カテゴリ:テクニカル分析

チャートが三角形を作っていく「三角保ち合い」とは

「保ち合い(もちあい)」とは相場が小幅な値動きにとどまっている状態のことをいいます。

値上がり期待ができるときは「強保ち合い」、下がる見込みのときは「弱保ち合い」といいます。

そして、「三角保ち合い」とは、高値と安値が次第に収束していくとき、レジスタンスが下降線、サポートが上昇線となってだんだん近づいていき、2本の線が三角形を形成する状態のことをいいます。

「三角保ち合い」のあとは「ブレーク」する

三角保ち合いの三角形が頂点に近づいていくと、次の局面はどうなるでしょうか。

実はその後、大きく上昇するか、または下降するというパターンが頻出します。

大きく上に値動きすることを「上離れる」といい、逆に「下離れる」兆候が見られたら、急落に注意する必要があります。

三角形のパターンの種類としては以下があります。

・ペナント
上下どちらにも偏らずにペナント旗のような形のときです。

・逆ペナント
三角形の頂点から始まって、値動きの幅が広がり、逆向きの三角形の形になる場合です。

・ウェッジ
くさび形の上向きまたは下向きの三角形です。


ほかにもある保ち合いのパターン

保ち合いには三角形以外の形もあります。

・ボックス
抵抗線と支持線が平行線で、長方形の形になっている場合です。

・フラッグ
保ち合いが平行四辺形のような形になります。

・ダイヤモンドフォーメーション
三角保ち合いのあとに逆三角が現れ、ひし形になるパターンです。

▲このページのトップへ

カテゴリ一覧

スポンサーリンク