fxで稼ぐ為の基礎知識.com > テクニカル分析 > FXチャートのパターン。ブレーク前の形とは?

FXチャートのパターン。ブレーク前の形とは?

カテゴリ:テクニカル分析

チャートが三角形を作っていく「三角保ち合い」とは

「保ち合い(もちあい)」とは相場が小幅な値動きにとどまっている状態のことをいいます。
値上がり期待ができるときは「強保ち合い」、下がる見込みのときは「弱保ち合い」といいます。
そして、「三角保ち合い」とは、高値と安値が次第に収束していくとき、レジスタンスが下降線、サポートが上昇線となってだんだん近づいていき、2本の線が三角形を形成する状態のことをいいます。

「三角保ち合い」のあとは「ブレーク」する

三角保ち合いの三角形が頂点に近づいていくと、次の局面はどうなるでしょうか。

実はその後、大きく上昇するか、または下降するというパターンが頻出します。
大きく上に値動きすることを「上離れる」といい、逆に「下離れる」兆候が見られたら、急落に注意する必要があります。
三角形のパターンの種類としては以下があります。

・ペナント
上下どちらにも偏らずにペナント旗のような形のときです。

・逆ペナント
三角形の頂点から始まって、値動きの幅が広がり、逆向きの三角形の形になる場合です。

・ウェッジ
くさび形の上向きまたは下向きの三角形です。

ほかにもある保ち合いのパターン

保ち合いには三角形以外の形もあります。

・ボックス
抵抗線と支持線が平行線で、長方形の形になっている場合です。

・フラッグ
保ち合いが平行四辺形のような形になります。

・ダイヤモンドフォーメーション
三角保ち合いのあとに逆三角が現れ、ひし形になるパターンです。

「FXはじめてみようかな」と考えている方や「いま使っている取引ツールが使いづらい」と思っている方へ

DMMのFXツールが使い心地最高です。FX口座数『国内第1位』の数字には理由があります。メリットは4つ。

1.取引アプリはスマホ対応はもちろん、軽快&直感的に使えるシンプルな画面。
 スマホの小さい画面でもぬるぬる動くし、使いやすさは他のアプリより格段に上。以下のページでDMMFXアプリの操作動画を見れます。

2.全20通貨ペアで最狭水準スプレッド。
 複数のカバー先から受けるレートを元に独自生成したレートを提示し、全20通貨ペア業界最狭水準のスプレッドでレート配信を実現

3.口座開設、各種取引手数料が無料。取引手数料のほか、各種手数料が掛かりません。
 ※実際にFX会社が受け取るプラススワップより、顧客に支払うスワップを少なくし、マイナススワップの場合は支払う額よりも多くのマイナススワップを顧客から受け取るビジネスモデルです。

4.キャンペーン中で最大2万円のキャッシュバックあり。
 口座開設3カ月以内に500Lot以上の新規取引でキャッシュバックのキャンペーンを行ってます。

「FXはじめてみようかな」と考えている方、「いま使っている取引ツールが使いづらい」と思っている方におすすめです。
DMM.com証券


このトピックの関連記事
【トラリピ・ループイフダン】おすすめの自動売買ツール比較
いろんな「ランキング1位」のFX会社を比較!
スキャルピングをのコツ。FX会社選びが大切



▲このページのトップへ

カテゴリ一覧

スポンサーリンク